ブログは自分にとって最高の内省ツールだと思った

  • なぜ、自分はブログを書くのか
  • どうして、こんな誰にとっても意味のなさそうなことを自分は続けるのか

友達と話していて、ふと疑問におもった。

考えてみて分かったのは、ブログは僕にとっては内省の道具になっているということだ。頭の中だけでアレコレと考えていても、なかなか考えがまとまらない。かといって、紙に書いても無くすので書かない。Evernoteを使ってPCに書くというのもありだけど、見た目が味気なくて続かない。そーいう色々な要素が掛け合わさった結果、ブログがもっとも簡単で、もっとも継続的に内省をやりやすいと感じているのだと思う。

もちろん、ある程度の葛藤はある。書き終えた直後に、それと矛盾するような考えが生まれた時は、どーしよーと思う。書いた通りに振る舞えない自分に気づき、「あー、なんて一貫性が無いんだ」と思うこともある。

でも...

そうした葛藤こそが、自分に良い影響をあたえているのだと思う。自分以外の誰かの目に触れるからこそ、書いたことと現状とのギャップに気づけることがある。自分以外の誰かの目に触れるからこそ、書いたものを後になって振り返る気にもなる。さらに言えば、人目を気にせずに書くということを続けていれば、メンタルがもっと強くなれそうな気もする 笑。そうなれば、僕の心はもっと自由になるに違いない。

まさにブログは、現状の僕にしてみれば、最高の内省ツールだ。これからも、コツコツと自分の思考をとっ捕まえて書き散らして行こうと思う。

おしまい。