好き放題に書くブログと収益化するブログ、両方あると良いよねと気づいた話

ども、くにみです。

ここ最近、勢いに任せて好き放題に書いて来ました。もはや、内容云々については一切気にせずに、書きたいことを書きたいように書きなぐった感がありあます。

でも実はこれ、やりたかったけど出来ずにいたことだったんですよね。役に立つこと以外は書いてはならないというレベルの強い思い込みがあり、好き勝手に書こうとすると、脳内からスゴイ勢いで否定の声が出て来るのです。その否定の声を超えられず、しばらくは行動に移せずにいたんです。

不安と葛藤しながら数をこなすうちに、少しずつ好き勝手に書けるようになってきた感じです。もちろん、役に立つこと以外は書いてはならないという思い込みがゼロになったわけではありません。個人的には、ちょーど良いバランスになったのかなと思っています。

そして...

あ、なんか役に立つことも書いてみたい...

ふと気づいたんですよね。思うがままに好き勝手に書くのも良いけれど、誰かの役に立つことを意図した文章も書いてみたいよなと。

元はといえば、これは絶対にやりたくないことだったんですよ?

「もう、それは今までに散々やってきたから嫌だ。それよりも自分は、好き勝手にやりたいんだ。」そう思っていましたから。

それが、「好き勝手に書きたい」という欲求が満たされた途端、やりたいことに変わってしまいました。あれだけやりたくないと思っていたのに、欲求が満たされたとたんにコレです。「絶対やりたくない」という強烈な気持ちは、いったいどこへ行ってしまったんでしょうか。

やりたいことをやれ

この経験を通して、「好き放題に書けるブログ」の重要性を学びました。僕がアフィリエイトを利用したネットビジネスがイヤになったのは、「収益化のブログ(サイト)」だけを作り続けることを自分に強要していたからだと。はじめから、価値の有無なんて気にせず、自由に書くブログも創っておけば良かったのです。

だから、誰が何と言おうとも、やりたいことはやるべきです。やりたい事をやらずにいると、そこから抑圧が生まれます。そして、抑圧の原因になっている物事をキライになってしまいます。こうして、「あれはイヤだ」「これはイヤだ」といって、イヤなことばかりが増えていきます。そうなってしまえば、もはや人生を楽しむどころの騒ぎではありません。まさに、難行苦行で四苦八苦です。

まったく...初心忘れるべからずですよ。僕は、言葉があつかうのが好きなんです。ネットビジネスだとそれが存分に出来たんです。それがいつの頃からか、「好きかどうかじゃなく、正しい(儲かる)ことをする」みたいなことになってしまった。はじめた当初の想いのままに、言葉をあつかうことを楽しむってところからブレなければ良かったんじゃねーかと。

まっ、そんな感じっす。

おしまい。